2015年とこれから

昨年、ざっくりした目標を書いていたので、今年も書いておく。

2014年のふりかえり

仕事

開発ばかりやっていた1年だった。

Webシステムの設計からリリースまで担当。
Play Frameworkを使った。コンパイルが遅いことを除けば悪くない。
Playに同梱されているFluentLeniumというテスティングフレームワークjQueryっぽく書けるのがよい。

RESTなWebシステムの設計も少し分かるようになった。

シャドーワークのようなもの

普段の仕事とは別に自分だけのプロジェクトを持つのは大事な時間。

昨年はOpenCVをメインでやっていた。

Bijostagramというオサレなツールがどうやっているのか気になっていたので、ちょっと調べてみた。

Bijostagramが話題になったのは2011年、当時はPythonOpenCVを使うためのよい文献がなかった。
今だと実践 コンピュータビジョンがよくまとまっている。
やったこととしては6章「画像のクラスタリング」、7章「画像検索」、8章「画像認識」あたり。

英語は無料で読めるらしい。

何となく分かってきたが、もう少し整理が必要。

昨年ブログで書いたMahoutやMongoDBはできていない。
そのへんは趣味でやっていることなのでモチベーションを優先している。

ふりかえるとコードを書く時間があまり確保できなかった。だらだら残って退社に失敗するのを何とかしたい。

2015年

今年で34になるので正直焦る気持ちはある。

転職も考えないことはないが働いている環境には満足している。今よりよくなる要素は少ないと感じている。
そういう考え方は老害なのかもしれないが、何も考えずに目先のことに飛びつくほど若くもない。
と言いつつも、SIで何時まで自分のやりたいことができるのかという不安もある。

ワークとしてはRESTと機械学習を中心に学習するつもりでいる。

RESTとかWeb APIとか

理解を深めるためWebを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)を読む。
その次はWeb API: The Good Partsを読む。

機械学習まわり

実践 機械学習システムを読む。
あとは入門 ソーシャルデータ 第2版 ―ソーシャルウェブのデータマイニングを読んで、前に作ったTwitterクローラを改良したい。